<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

タイバース(写真参照)
これは、スカートとターバンと3点セットで着るスタイルの服
タイローブと言うのもあって、言葉そのままぴったりしたワンピースのドレス。

ダーツやファスナーを使用して作る体にぴったり合った服をさす。
その上襟や肩を強調したデザインは
特に胸板が厚く、肩幅の広い
その上腰の位置が高く、手足が長く顔の小さい
褐色のアフリカの女性が着るとそれはゴージャス。

 だけどアフリカで仕立ててもらうとゆるみを入れずに
ぴったり作ってくれる人が多い気がする。
ご飯を食べたり、太ったら後々着られなくなる事も少なくない。
歩くのにも息をするにも支障を来す服は頂けない。
 やはり適度なゆるみを考えて作って頂くのがベスト。
型紙にも頼らず、服を作れる技術が欲しい!!明日から又頑張ろう!
f0189996_19212826.jpg
f0189996_03746.jpg

[PR]
by african-tailor | 2008-10-29 19:21 | Comments(0)

発表会

 今月、来月は毎週末、発表会や学園祭、結婚式が多い。
今作っている衣装もダンスとドラムの発表会用。
 テーラーが、踊りやすいように又、乱れ過ぎないように
デザインを考えて作ってくれています。

人数も多いので一日に何着も仕上げないと間に合いません。
 3台の工業用ミシンもフル回転。
 最新のモードも取り入れてくれるので
オーソドックスなものからニューデザインまで幅が広がります。
色々選べるよう早くスタイルブックも作ろうと思います。 

こちらの衣装も後々、皆さんが来たところもUPしたいなと思っています。
 乞うご期待。


f0189996_2353423.jpgf0189996_22304090.jpg
[PR]
by african-tailor | 2008-10-26 00:37 | Comments(0)

チュープのコート

  こちらのコートに使用した生地はチュープと呼ばれていて
バゼン(木綿の生地でジャガード織を施し、地織り模様のある)
と言う生地に後染めで絞りやろうけつ、ステンシル加工を施し大胆かつ
民族衣装を作る為に、素敵に柄が出るように考えられて染められた贅沢な布。

こちらも注文の品です。柄の出し方が、とても素敵。
チュープは呼び名は違っても色々な国で作られいる。
バゼン自体も中国、ガンビア、ドイツなどで作られ、
染料や色数、デザインによって品質や価格も違います。

この記事は着物を思わせる、何とも言えない味のあるところが魅力的。
シンプルなコートだからよけいに柄が映え何とも言えない味がある。
いかがですか?私はこの種類の布にとても魅力を感じる。
みなさんはいかがですか?
f0189996_1150365.jpg
f0189996_123093.jpg
[PR]
by african-tailor | 2008-10-24 11:50 | Comments(0)

マリニャン 

マリニャンとは、(セネガルの言葉)袖と襟を強調した
大半は胸で切り替えをしてフレアーに裁ったものが多い衣服。(写真下)
たっぷりしてるのであまりサイズを気にせず着れる。
 どれも現地では3点セット、ターバンと腰巻きを同じ布で作る。
その上布の柄どうりに切り抜いたものやレースやリボンを
あしらった凝ったデザインのものも多い、
既製服では味わえない醍醐味がある、
最近の注文で作ってもらったものをちょっとご紹介。
上はガーナーの独立50周年記念のお祝いの布、
柄を重視してバイヤースでなくほぼ直線建ちで
ギャザーを寄せた適度なボリュームもいい。
f0189996_10442749.jpg
f0189996_22195127.jpg

[PR]
by african-tailor | 2008-10-23 09:28 | Comments(2)

最近

 最近、ニューフェースのセネガル人テーラーが毎日服を作ってくれる。
 アフリカに行かなくても、自分の店でアフリカンテーラー
のマジシャンのような技を目前に出来るのは何とも贅沢。
神様がもっと修行しろとチャンスを与えてくれたのだと思う。
日課は決まって掃除から特に機械は手入れをしないと悲鳴をあげる。
『ミシン油注した?』兎に角仕事が速い、ミシンの速度も大違い!
なのでミシンの油も直ぐになくなる。
これが本当に使いこなすと言う事なのかと実感。

 テーラーはとても優れた技術を持っている、
洋服を作る際一番重要なのは採寸&裁断。
裁断の善し悪しで服は見違えるように変わる。
きれいなラインを出すにはカッテイングが作用する。
しかし彼らはパターンも使わずに(初心者の時は使ったそうです。)
折り紙を折るように生地を操り、紙切り職人のように頭の中にある
明確なパターンどおり、布を素早く大胆に切っていく。
ドキドキ、ハラハラ。でも出来上がると拍手。
パターンなどに頼っている私達にはまね出来ない芸当、
でもいつか、私も出来るようになろうと思う今日この頃。

f0189996_1041533.jpg
f0189996_11245318.jpg
[PR]
by african-tailor | 2008-10-22 17:13 | Comments(0)

現地より選りすぐれた素敵なアフリカンテキスタイルを選び、優れたセネガル人テーラーにオーダーメイドはいかが?


by african-tailor
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31